おばあちゃんは 6/5 以降に植えたい|老いと尊重と親切とお節介



エチオピアに荷物を送る。税関で品物を抜かれなければ小包になるし、抜かれたら手紙になる。郵便局のおばさんが親切で、北海道にて初めて丁寧親切愛想の良い嬉しい接客を受ける。

帰りはお花がつみ放題。私が楽しそうに野草を摘んでる。笑える。しかも摘む時に、ごめんね、でもいいよね、って言ってる。笑える。空が青いしこの上なく広い。




買ってきた次の日に、こんなに立派に開いた。

もう、いつ溢れてもおかしくないくらいおっ開いた。頭重いねえ?頑張って、って話しかけてる。笑える。でもしょうがない、かわいい。



いちごが元気で一気にわっと出てきた。楽しみ。

うちのおばあちゃんは六月五日まで畑仕事をしない。(Her ルール)だから今は、勝手に咲いてる。勝手に咲いてるのは良い。そしてかわいい。

うちのおばあちゃんは、世の中の80代に比べるとすこぶる元気。散歩も欠かさない。体操も欠かさない。起きる時間も同じ。寝る時間もきっちり同じ。いつまでも変わらない、元気なおばあちゃん。と、思ってた。

でも、最近一緒に住み始めて。少し気になるところがちらほら。少し心配というか。あれ?って。

話の筋は通ってる。時間も辻褄があっている。記憶も一貫してはいる。物忘れも年相応。でも、やっぱり、確実に歳をとっている。そして、どこかすこ〜し、寂しそう。

元気なおばあちゃんとして、今まで通り尊重する。それ大事。でも、もう少しそれとなく促したり提案したり、はたまた巻き込んだりして、気を配らないといけないと思った。

東大病院でボランティアをした時、コーディネーターの人が「尊重のない親切はただのお節介だから絶対にしないでください。」と言った。うむ。間違いない。しかし、難しいところ。

老いを一気に加速する「何か」。そこからのスピード感が、悲しいほどに半端ない。せっかく一緒に住んでいるのだから、その「何か」のサインだけは見逃すまいと思った。

今日もいろいろなことをした。。

酒飲みたい。泡を。



◇◇◇Read my blog in English ◇◇◇



Like! Click here▼▼▼

1.   2.にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comments

Popular Posts